薬代が約半額になるジェネリック
ジェネリック医薬品って何?
あなたの薬はジェネリック?
どうすれば薬代は安くなるの?
ジェネリックQ&A
医療費があぶない
ジェネリック関連情報リンク
医療関係者の皆様へ
会社概要・主旨
ジェネリック関連情報リンク





Q1. ジェネリック医薬品とは何ですか?
ジェネリックは、先発品(新薬)の特許満了後に、製造発売される医薬品です。
ジェネリックとは一般的商品で、すでに承認されている医薬品と有効成分、投与経路、用法・用量、効能・効果が同等である医薬品をいいます。
薬には通常特許があって、他の製薬会社が製造・販売することは出来ません。しかし一定期間が過ぎ特許が満了した医薬品は公共財と見なされ、他の製薬会社が同種、同効の薬を製造・販売することが出来ます。この医療用医薬品のことをジェネリック医薬品と呼びます。これに対して新薬をブランド品と呼びます。このように、ジェネリックは特許満了後に発売されるため、有効性、安全性が確立された医薬品です。

Q2. ジェネリック医薬品は、なぜ安いのですか?
薬の製造コストはあまり変わらないと思いますが、ジェネリック医薬品の製造メーカーは営業活動に係わる医薬品情報担当者の人数が比較的少ないのが現状です。医療機関へ自社の製品をPRする費用と人件費も少なく、製品コストを下げているのです。又、研究・開発にかかる費用が節約出来る事も大きな要因です。

Q3. ジェネリック医薬品とブランド品の違いはなんですか?
ジェネリック医薬品はブランドと同等であることを証明して認可されますので、化学的にも治療効果・用法・用量も同じです。薬価基準と言い保険適用医薬品の価格は大きく違います。ジェネリック品は研究開発費等が節約されますので、安価で供給されます。

Q4. ジェネリック医薬品は、効果が少ないとききましたが?
それは使用経験のない人から聞きます。同一成分とはいえメーカーが変われば、薬剤を処方する医師がその薬剤の癖をつかむのに一定の時間を要します。患者さん一人一人疾病の程度や体質が違います。使い慣れたブランド品を変えたくない気持ちは理解できますが、限られた医療費の中で真に必要な画期的新薬を使用するにはジェネリック医薬品の使用も研究する必要に迫られているのではないでしょうか。

Q5. すべての薬に、ジェネリック医薬品はありますか?
新薬の特許が満了していなければ、ジェネリック医薬品を製造販売することはできません。したがって、患者さんの病気の種類によっては、新薬しかない場合があります。そのような場合はジェネリック医薬品に替えていただくことはできません。

Q6. ジェネリック医薬品とブランド品の薬価の差はどのくらい?
現行の薬価制度ではジェネリックは新規発売の場合先発品の80%で薬価収載されますが、その後の薬価改定で薬価が下がり、ジェネリック医薬品の薬価は、先発品の2割程度迄の薬価に定められています。薬価が低いと、その分患者さんの自己負担額も軽減されることになります。
例えば、先発品100円とした場合、ジェネリック医薬品は80〜20円に下がることになり平均して薬代が約半額になります。
ただし、患者さんが窓口でお支払いになる金額は、お薬代以外にお医者様の技術料や検査料等も含まれていますので、ここで半額になるというのは、純粋にお薬代だけをみた場合です。窓口で支払う金額=(診察代+検査代+お薬代)は、2割〜3割程度安くなります。
したがって、ジェネリック医薬品に替えても全てが半額になるというわけではありません。

Q7. ジェネリック医薬品は、どこで購入できますか?
ジェネリック医薬品は、医師の処方せんをもとに、医療機関や調剤薬局で調剤されるものです。従って、患者様個人が直接購入することは出来ません。病院や診療所で受診された時に先生に「ジェネリックという負担の少なくなる薬のことを知ったのですが処方して欲しい」と相談してみて下さい。
ただし、すべての医薬品にジェネリック品があるわけではございませんので、その点はご了承ください。

Q8. ジェネリック医薬品を病院で処方して貰うには?
現在の日本の医療制度では、アメリカのように調剤薬局で「ジェネリックですか?ブランドですか?」と聞かれて「ジェネリックでお願いします」と言える環境ではありません。
しかし、調剤薬局は、医師が処方せんに、先発品名ロキソニン錠を「一般名(成分名ロキソプロフェンナトリウム60mg錠)−規格単位−剤形」で記載すれば、調剤薬局でこの一般名に該当するジェネリック薬剤の中から、どのお薬を処方しても良いことになっています。

Q9. 商品の通販やネット購入は、できるのでしょうか?
ジェネリック医薬品は医師の処方せんに基づいて処方されるお薬です。
従って、ネット販売及び通販はできません。医療機関で診察を受け処方して頂きますようお願い致します。

Q10. オレンジブックとは、何ですか?
ジェネリック医薬品の品質再評価の結果をまとめた表紙がオレンジ色の本です。
後発医薬品等承認審査資料適合性・同一性調査と言われますが、ジェネリック医薬品の品質の同等性を公的に審査基準を明らかにし、同じ検査方法で品質のレベルを明らかにしています。製剤の溶出性に係る品質が適当であると確認された品目が次々発表されています。主成分の測定例を例示するとともに、溶解度など基本的な情報、医薬品試験検査方法など明らかにし公表されています。医療用医薬品 品質情報集(日本版オレンジブック)が財団法人・日本公定書協会から出版されるなど厚生労働省が勧める品質再評価の結果を知ることができます。
医療用医薬品 品質情報集(日本版オレンジブック)は薬品の販売名で表示し、製造業者名や薬価も掲載されています。

Q11. もっと詳しく薬について調べる方法があれば知りたいのですが。
製品の添付文書につきましては「医薬品情報提供ホームページ」でご覧になれます。
『医薬品医療機器情報提供ホームページ(http://www.info.pmda.go.jp/)


−注意事項−
医薬品は医療用医薬品と言い、医師、歯科医師から患者さんに処方される医薬品です。
医療用医薬品は、患者さん独自の判断で服用(使用)を中止したり用法・用量を変えたりすると副作用等の危険を生じる場合がありますので、服用(使用)している医薬品について疑問をお持ちになられた場合には、患者さんの治療に当たられている医師・歯科医師又は調剤した薬剤師に必ず相談していただくようお願い致します。

薬価及び薬効分類は2004年4月現在のものとなっております。




薬代が約半額になるジェネリック 薬代の比較例 ジェネリック医薬品って何? 先発品とジェネリック ジェネリックが安心で安い理由 欧米ジェネリック事情 日本のジェネリック事情 あなたの薬はジェネリック? お薬検索の仕方 お薬検索 医療費があぶない 国民医療費の現状と未来 ジェネリック関連情報リンク オレンジブック 薬剤調査リンク集 ジェネリックメーカーリンク集 Topページ